台風のエネルギーは莫大 [雑談ネタ#191]

ひとくちに台風といっても、もちろん大小がある。
たとえば、昭和18年8月5日、関東に上陸した台風は、暴風域が半径50キロメートル程度しかなく、銚子では30メートル以上の風が吹いていたのに、東京の風は12キロメートルだけだった。
これに対し、昭和34年9月26日の伊勢湾台風の最盛時には、風速25メートル以上の区域が半径300キロメートル以上に及び、台風の直径は2,000キロメートル以上になった。


ところで台風の強さというのは不正確な表現で、台風のエネルギーというのが正確だろう。言い換えると、台風の渦巻きを作るのに必要なエネルギーだ。これは広島に落ちた原爆の1万〜10万倍に匹敵し、日本全国の世帯で1ヶ月に使用するエネルギーに相当する。

ちなみに、ひとつの台風の降雨量は200〜600億トン。国内の3,000万世帯の1年に使用する水道量の約70億トンと比べても、いかに大きいかがわかる。

ジーンズとデニムの違い [雑談ネタ#190]

ジーンズとは、デニム生地を使ったパンツ(ズボン)のことをいう。
デニムとは、インディゴという染料で藍色に染めた厚手の綿布のことで、元来は生地そのものを指したが、現在ではジーンズのことも表すようになっている。
ちなみにジーパンというのは和製英語でジーンズ・パンツの略称と言われる。同様にジージャンというのもジーンズ・ジャンパーの略称。


それから、ジーンズの腰についているパッチはデザイン上の装飾ではなくて、じつは商品の保証書だった。1960年代まではジーンズが破損した際にパッチを見せれば、無料で交換してもらえたらしい。某ブランドのパッチには、二頭の馬がジーンズを左右から引っ張り合う絵柄が描かれているが、これは破れにくさをアピールしているのだとか。

チョコの意外な効能とは [雑談ネタ#189]

 

ガンや生活習慣病の予防にチョコが効く…!?
カカオ豆はカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルをバランスよく含んでいて、抗酸化作用によるガンや動脈硬化予防に有効だという。

それ以外に、集中力アップやリラクゼーション効果もあり、日常生活で食べる頻度が高い人ほどBMI(脂肪指数)が低いとの研究結果も出ている。

ただし、含まれる砂糖の量には気を配りたい。
選ぶならカカオ配合率が高くて糖分の低いチョコレートを。